RAPSODO BASEBALL

野球のデータトラッキングシステム

プロが信頼するデータを、あなたのチームにも

野球界をリードする選手育成ツール​


Rapsodoの商品は、MLB全30球団、NPB10球団を始めとし、​国内でも社会人、大学、高校、中学硬式とアマチュアでも​導入が拡大しています。​

全世界における総計測数 (2021年~)


22,354,050

打球​

16,217,054

投球

最新鋭のカメラ&レーダー技術​

Rapsodoの最新鋭のカメラとレーダーの技術は、正確なデータの計測を実現します。当社のPITCHING 2.0とHITTING 2.0は同時に使用することができ、対戦形式の練習で実戦的なデータを計測することも可能です。​

​ぜひあなたのチームでもトラッキングデータを活用し、選手のポテンシャルを最大限に引き出してみませんか。

勝てる投手を作るPITCHING 2.0​

PITCHING 2.0は、球速、回転数、回転軸、回転効率、縦横の変化量、リリース時の位置・角度などさまざまなデータの計測が可能です。​

​投手それぞれの課題を明確にすることで効率的にパフォーマンス向上につなげたり、蓄積されたデータの推移から予兆を発見して怪我の予防につなげることが期待できます。​

強力打線を作るHITTING 2.0​

HITTING 2.0は、打球速度・角度に加えて、回転数や推定飛距離、3D打球軌跡などさまざまなデータの計測が可能です。​

​ティー、トス、マシン、フリー打撃などあらゆる練習方法に対応し、いつでも理想の打球速度・角度を意識した練習ができます。​

完璧なフォーム分析を実現するINSIGHT​ ​

ハイスピードカメラINSIGHTは、PITCHING 2.0およびHITTING 2.0と接続することで、計測データとスローモーション映像を融合したより精緻なフォーム分析を実現します。​

クラウドで選手一人ひとりのデータを管理・分析​

計測後にデータをクラウドと同期することで、選手一人ひとりのデータを詳細に管理・分析することができます。​

​指導者は、選手の計測データをさまざまな可視化ツールとともに分析できます。選手は、iPhoneアプリから自身のデータをいつでも確認することが可能です。​

NPB選手の個人保有も広がる​

MLBでは、300人以上の選手がRapsodo商品を個人保有して、シーズンオフのトレーニングに活用しています。近年では日本でもプロ野球選手の個人保有が増えてきており、プロの世界ではRapsodoはもはや必要不可欠と言っても過言ではありません。​

ウィンタートレーニングキャンペーン開催中!


2022年11月7日から12月25日までの期間限定で、対象商品を10%オフでご提供するキャンペーンを開催中です。詳細は以下の「詳しく」からご確認ください。

この機会をお見逃しなく!